ブリティッシュ・ブラスバンドも練習快調!


今年の企画として披露するブリティッシュブラスバンドの練習をしました。テンピースブラス・ワンラインの皆さんがコアとなってバンドを引っ張りますが、それ以外のメンバーもブリティッシュ・ブラスを熟知したプレイヤーが集まっていますので、コツを掴むとバンバン格好良く鳴り始めます。当日は清々しくメロウなブリティッシュサウンドを楽しんで頂けると思いますので、是非ゼヒ足をお運び下さい!


金管まつり2013《J:ジャック》
日時|2013年6月29日[土]
   13:00開場/13:30開演(16:10頃終演予定)
会場|さいたま市プラザウエストさくらホール
料金|入場無料(整理不要)
   ※満員になり次第入場制限させていただく可能性がございます
出演|烏山ブラスアンサンブル
   カルヴァリートロンボーン
   グッドアップ・ブラスアンサンブル
   信夫野金管アンサンブル
   テンピースブラス ONELINE
   トロンボーンアンサンブル・ササもだん
   サクラボーンズ
   さいたまファンファーレクラブ

内容|★各団体による演奏
    ピアソラ:アディオス・ノニーノ
    バッハ:ブランデンブルグ協奏曲第2番 BWV1047
    ブレッカー・ブラザーズ:サム・スカンク・ファンク ほか
   ★ブリティッシュブラスバンドステージ
    スパーク:ジュビリー序曲
    グレンジャー:ロンドンデリーの歌
   ★合同演奏
    ヴェルディアイーダ大行進曲
   ※出演団体・内容は変更になる場合があります。
問合|金管まつり実行委員会
   kimma★sfc-web.com(★をアットマーク変換)

トロンボーンだらけ(管理人のブログより転載)


金管まつりスライダーズの合同練習でした。トロンボーンだらけの演奏会とはいえ、これだけトロンボーンが集まると異様ですね。ボクが16番トロンボーンを任されている曲があるので、少なくとも16人以上はいます(ダブルパートもあるらしいので)。今回はこれらの全員による演奏に加え、各所属アンサンブルをシャッフルして組むラージアンサンブルもあり、大変楽しみです。

第1回実行委員会

3月に開催したプレ会が事実上は第1回なんだけど、正式には今回が第1回の実行委員会。メンバーズが池袋に集結。本番に向けての確認事項と懸案事項を話し合いました。4都県から9団体出演するので見解を統一するのが難しい場面もあるけど、基本は音楽を楽しみたい仲間同士、結局会話の最後は大爆笑で終わります。
出演順や大筋の方向性も決まり、良い演奏会になりそう。例年とはちょっと方式が変わりますが、演奏会は試行錯誤しながらの生き物です。期待しちゃって下さい。各演奏団体の曲目も決まって来ましたよ!(詳細はトップ記事で)

仕込む。


夜半、事務局のotoshimonoが家に帰ったら同じく事務局のpoohとemixが金管まつりに使用するディスプレイ周りや配布物のフィニッシュワークをしてました。
当日は普段顔見知り同士ではない人も多く、しかも出演7団体が色んな役割をもって同時進行で動きながらリハーサルや本番をこなします。
出演者やスタッフ全員にストレスなく演奏会を楽しんでもらうために、こういった仕込みが実はとても大事です。
他にも事前に宣伝ツールの制作や配布、案内状の郵送、進行表やセッティング表の作成と舞台打ち合わせ、打ち上げの手配、団体間の連絡、そしてモチロン各団体の演目の練習など、各団の実行委員やメンバーが立体的に動いて演奏会の9割が前日までに整えられていきます。各団体が持ち寄ったアイデアもあれば、金管まつり独自のノウハウもあります。
我々はアマチュアで、参加費を自己負担して行っておりますので*1、プロフェッショナル音楽家による採算ベースの商業的な公演とは随分異なりますが、ソフトウェアとハードウェアのバランスが公演の善し悪しを決めることに関しては同じだと思います。それは内側(出演者・スタッフ)に対しても外側(お客様)に対しても、ということです。
開演まであと少し。「金まのみんな」はガンバリますよー

*1:自治体の文化財団から助成金を出していただいてもおります。

さてさていよいよそもそも


さてさて金管まつり2009ですが、事務局の方にはお客様から出演団体に関する質問や、パンフレットの挟み込み依頼など、お問い合わせがぐっと増えてきました。いよいよ、という感じです。目指すはアマチュアのブラスアンサンブル演奏会での満員御礼ですので、皆様なにとぞ、何卒ご来場の程宜しくお願いいたします。
絶対損はさせません!ってそもそも入場無料なんですけどね。